月刊マクロビオティック3月号に記事が掲載されました

 

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック3月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

 

我が子に教わる食養生

月刊マクロビオティック2015年3月号-我が子に教わる食養生

 

【今月のトピック】

・妊娠と出産と排毒
・つわり
・心の排毒

 

マクロビオティックを学ぶと、まず最初に玄米と向き合うことになります。お米を選ぶ時の注意点として、玄米や胚芽米以上の分搗き米を食べる時は、農薬を使ったお米は避けることを教えられます。なぜなら、胚芽に農薬が溜まるからです。稲は子孫繁栄のために、栄養タンク部分である種子の胚芽にあらゆる栄養素を集め貯めていきます。それが栄養であっても農薬であってもです。農薬と栄養の区別がつけばいいのでしょうが、手当たり次第に溜め込んでしまうので、胚芽米以上の米を食べるのであれば、必然的に農薬を避けることを勧めるのです。

実は、それと同じことが妊娠中も起こります。妊娠中は、妊娠中に食べたものと、妊娠前に食べてできたお母さんの体の栄養源で赤ちゃんが成長します。

マクロビオティックでは「出産は最大の排毒」などという言い方をしますが、妊娠中は赤ちゃんに送る分の血液も大量に作らなければならない他に、ホルモンの影響もあって体の中に溜まっていたものを血中へ排毒しやすく、妊婦さんの体は常に排毒をしている状態になります。

記事冒頭より

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.46〜p.47

 

【月刊マクロビオティック】
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

月刊マクロビオティック2015年3月号

月刊クーヨン4月号に記事が掲載されました

 

IMG_5736

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン4月号(3月3日発売)に、五十嵐廣子の記事が掲載されました。

保育園に行く息子に持たせているある日のお弁当をご紹介しています。
全部で5人のママたちによる「わがやの子育てべんとう」どうぞお手に取ってご覧ください!

 

記事タイトル:「わがやの子育てべんとう」
掲載ページ:p.50

 

 

 

 

マクロビオティックのLMにインタビュー記事が掲載されました

 

日本CI協会さんが発行するマクロビオティックのフリーマガジン『LM – Life is Macrobitic』vol.15に私たち家族の取材をしていただいた記事が掲載されました。

lm15_1 lm15_2 lm15_3 lm15_4 lm15_5 lm15_6

お陰様で月刊マクロビオティック誌の、廣子の連載記事がご好評いただいており、フリーマガジンのLMでも特集記事として、家族を取材していただくことになりました。

表紙は息子。親バカとしては嬉しい限りです。

7ページに渡って「楽しい子育て」というテーマで、育児のこと、マクロビオティックのことを、体験談交えながらお伝えしています。

ブログに写真は載せていませんが、最後の見開きページには、廣子の簡単な食養レシピ、遊水の簡単なヨガコーナーもあります。

ぜひお手にとってご覧いただければと思います!

LMはマクロビオティック食品店のリマさんを始め、全国の自然食品店などに置いてあるかもしれません。もちろんさくちゃん工房でも配布しています。

日本CI協会さんのこちらのページでそのうちWebで無料公開されるはずです。(この記事を書いている今はまだ更新されていません)

http://www.ci-kyokai.jp/lm.html

 

オーサワジャパンさんのWebサイトで公開されています!

http://www.ohsawa-japan.co.jp/pdf/LMvol15.pdf

月刊マクロビオティック2月号に記事が掲載されました

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック2月号に五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

 

我が子に教わる食養生

ci_macrobiotique_201502_2s

 

今回は五葷(ごくん)のお話です。

 

「五葷」というと、一般的に、にんにく、ニラ、長ネギ、玉ねぎ、あさつきまたはらっきょうのことを指します。なんだか臭いがムンムンのものばかりですね。

これらの五葷は宗教的に避けられたり、氣を損なうと言われたり、女子には「なんか臭う〜」とか「超臭い〜」などと虐げられ忌み嫌われ、なんだかとても可哀想な存在に思えてなりません。しかし実際は人類に多大なる貢献をしてくれた救世主で、実は影の功労者であることを認識または再認識いただけたら、随分とイメージが変わってくるのではないかと思い取り上げてみました。

冒頭より

厳格な仏教徒やインドのアーユルベーダを実践している人はこれらの五葷を避ける傾向にあります。

その理由はいくつかありますが、よく言われるのはこの3つではないでしょうか。

・中国の五行から観ると五葷は木火土金水の気を傷つけるから
・宗教上の理由から球根類の植物を避ける
・臭いが強く腥物とされる

今やNaverのまとめにも五葷の記事がありますので、ざっくり知りたい人はそちらをご覧ください。

 

これらの理由から台湾素食やオリエンタルベジタリアンでは五葷抜きをしていますが、マクロビオティック的観点からの五葷についてのお話です。

私たちはビーガンですが五葷抜きはしていません。さくちゃん工房でも五葷は入れたお食事を提供しています。

なぜ五葷を摂るのか?なぜ五葷が必要なのか?Naverまとめにもありますが、菜食を続けていくと五葷が必要なくなってきます。そんな内容になっています。

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.44〜p.45

 

【月刊マクロビオティック】
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201502_1s

月刊マクロビオティック1月号に記事が掲載されました

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック1月号に記事が掲載されました。

先月に引き続き、今月号も五十嵐廣子の記事が複数掲載されています。

 

田中愛子先生との新春インタビュー

新春特集記事にて、田中愛子先生へのインタビュー記事に、聞き手として五十嵐廣子が登場しています。
桜沢先生の直弟子として海外でも活躍され、90歳を過ぎた今なお現役でご活躍されている愛子先生から貴重なお話をうかがうことができました。桜沢先生との思い出、育児について、お料理についてなど盛り沢山の内容です。

ci_macrobiotique_201501_2 ci_macrobiotique_201501_3 ci_macrobiotique_201501_4

 

 

 

我が子に教わる食養生

ci_macrobiotique_201501_5

今回のトピックは、

・教育とは?
・もっと気楽に
・個性を壊さず

の3つです。

 

マクロビオティックな育児をしていると、教育ってそもそもなんだろう?と深く考えてしまいます。何故なら、守って育てているけれど教育をしている自然界の動物は無く、人間くらいのものだからです。野生動物の子は親兄弟を見よう見真似で勝手に学び、巣立つ時も自分で決めて旅立つのですから、大した能力です。

では、教育はというと、大半がマルかバツ、yesかnoで判断していくことが多いのが現状。しかしそこに本当に正解が必要なのか?ということにまで無理矢理答えを設けている場合も多々あり違和感たっぷりです。本当の答えというものは有るようで無いし、無いようで全てが答えだったりするものだから、それぞれの感性の中でそれぞれ答えがあれば「それで良し!」なはずなのに、誰かが決めた問題の答案用紙の回答に合っていなければ「バッテン」となり減点されてしまいます。みんなが同じように答えを持つことは、結果個性や人格を奪ってしまうのです。

 

冒頭より

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.44〜p.45

 

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201501_1

 

月刊クーヨン1月号にインタビュー記事が掲載されました

 

cooyon_201501_2

 

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン1月号(12月3日発売)に、五十嵐廣子のインタビュー記事が掲載されました。

 

特集タイトル:「冬の風邪予防とホームケア」
記事タイトル:「台所の食材でおだやかにお手当を」
掲載ページ:p.14-19

今回はマクロビオティックのお手当法を元に、症状別でご家庭でもできる簡単なお手当を紹介しています。
マクロビオティックでは病名ではなく、症状別に対処していきますので、お医者さんのようにあれこれ覚える必要はありません。

風邪はデトックスの機会ですから、製薬で症状を抑えるのではなく、自然薬の力を借りて排毒を促してあげることが、自然治癒力を高めていくことに繋がります。

記事内ではお手当レシピをご紹介していますので、お子さんをよく観察してどんな症状が出ているのかを観てあげて、それに合ったお手当をしてあげてください。
製薬を飲ませる必要はありません。有機栽培や自然栽培のエネルギーの高い食材はそのままお薬になります。

私たちの息子や私たち自身が体調を崩した際や、排毒の際にもいつもこうしてお手当をしています。

 

そして、今回の可愛いモデルはうちの姪っ子ちゃんです。

下の写真では「お熱で苦しいよ〜」なんて演技までしてくれました(笑)

 

cooyon_201501_3

cooyon_201501_4

 

今回の特集内では、アロマや整体の観点からも記事がありますので、ぜひご家庭に一冊!とオススメです。

 

 

cooyon_201501_1

 

月刊マクロビオティック12月号に記事がたくさん掲載されました

 

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック12月号に記事が掲載されました。

12月号にはいつもの五十嵐 廣子の連載記事以外にも掲載されていますので、順番にご紹介させていただきます。

 

我が子に教わる食養生

まずは連載記事について。
お陰様で段々と前のページに掲載いただくようになっています。

ci_macrobiotique_201412_2s

今回のトピックは、

・子どものメッセージ
・出産時の女性の痛み
・男性の愛情

です。

子供に不調や病気などがあるとわかると、良くなって欲しいという親心でどうにか治そうとします。ですが、自分を信じられるような教育を受けてこなかった自信のない日本人は、自分に答えを求めず周りに答えを求め続けます。この情報化社会に答えを求めても、情報がありすぎて何を信じたら良いのかわからず、当然迷ってしまいます。更には今まで食べてきた添加物で感覚が鈍くなり、周りからの考えの押し付け、社会からの刷り込みや縛りで知らぬ間に雁字搦めになり、とうとう判断すらできなくなってしまっています。

しかし救いは、子供は大人より純粋だということ。大人のような汚染が少ない分、何がいいのかを子供は自分で分かっています。

よくご相談に来る方に「テレビで何々サプリがいいって言ってたから買おうかと思うんですが、あれっていいんですか?」とか「テレビで誰々がこう言ってたから大丈夫ですよね?」と自分の人生を人に聞いて来る方がいますが、テレビの誰かが言ってることより、まずは自分の子供の話を聞くべきです。子供が何をしたいのか、何を欲しているかがただ一つの答えだからです。テレビの誰かが言うような、みんな同じ答えなんかないのですから。

冒頭より

 

 

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.26〜p.27

 

 

 

ベビーフェアの報告

ci_macrobiotique_201412_3s

 

10月26日〜28日にリマ新宿店では五十嵐廣子による「ひろこママを囲んでのお話&お茶会」が開催されました。

こちらの報告記事が掲載されています。

 

参加者の皆様からは、こういう会をもっと開催して欲しい!との声をたくさんいただきましたので、来年以降にどこかで開催して行きたいと思っています。
オーガナイズ希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

参加者の皆様の声

世の中に出回っていない情報が聞けて良かった。

 

お手当があるのは知っていたけどこれまで信用していなかった。でも話しを聞いて自分の経験と合わせてみると本当なんだという事が分かった。

 

世の中では子どもの為に自分を犠牲にしろとよく言うけど、子どもの為にも自分らしく生きようと思えて楽になりました!

 

 

さくちゃん工房のご紹介

最後はマクロビアンでも安心して楽しめる自然をおいしくいただくお店さくちゃん工房(Veganic Cafe & Store)を紹介していただきました!

33回目のお店紹介です。

レポーターの遠藤さんにさくちゃん工房のお食事を堪能していただき、お店のこと、お食事のことを色々ご紹介いただいています。

 

ci_macrobiotique_201412_4s

高解像度PDFはこちらからダウンロードいただけます。

[wpdm_package id=’1184′]

 

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201412_1s

 

月刊マクロビオティック10月号に記事が掲載されました

 

 

ci_macrobiotique_201410_2s

 

日本CI協会が発行する月刊マクロビオティック10月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のトピックは、

  • 昔と今の生活事情
  • 古き良き時代の食事
  • 昔と今の良いとこ取り

 

昔々、おじいさんは山に芝刈りにおばあさんは川に洗濯に行っていた時代には想像もつかなかったような便利な道具が今の時代はどんどん発明され進化し、あらゆることが手軽にできるようになり、手間や時間が格段に省けるようになりました。今の時代だったらおじいさんは山で刈払機でササッと芝を刈って、おばあさんは家の裏で洗濯機で洗濯し、そのあと2人で町まで仲良くドライブして芝居を見に行けるかも知れませんね。機械化で家事が楽にできるようになり自由な時間が増えた現代は昔の人から見たら夢のような世界でしょうが、たくさんの古き良き物も一緒に失われてしてしまい、それによって新たに出てきてしまった悩みもあります。昔と今は一長一短ですね。

冒頭より

 

便利になった一方で様々な問題を抱える現代。現代だけにどっぷり浸かるのも危険ですし、江戸時代に逆戻りすることもできません。
現代のテクノロジーや便利さと、昔の知恵や、本来の自然な状態。これらを上手にハイブリッドして活用していくことが、これからの時代を生きていくのに必要だと常々思います。

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.32〜p.33

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201410_1s

 

月刊クーヨン11月号にインタビュー記事が掲載されました

IMG_1859 copy

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン11月号(10月3日発売)に五十嵐廣子のインタビュー記事が掲載されました。

 

特集タイトル:「完璧めざしてイライラするよりこっちがいい! ちょっと手抜きがおいしいレシピ」
記事タイトル:「なべひとつ、ボウルひとつでからだにおいしく」
掲載ページ:p.8-13

 

今回の特集、実は廣子の提案で手抜きレシピ特集になりました。お陰様で五十嵐廣子の名前も表紙に載り、私たちも大喜びです。

 

今回提供したレシピは我が家はもちろん、カフェ(さくちゃん工房)でも提供している物もある、ヘビーユースなお気に入りレシピばかりです。以前までは公開するつもりの無かったレシピを5品提供しています。

本当に簡単で美味しいので、ぜひ皆さんお試しください。

 

IMG_1860 copy IMG_1861 copy

 

 

 

IMG_1858 copy

 

月刊マクロビオティック9月号に記事が掲載されました

 

 

ci-macrobiotic_201409_2

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック9月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のトピックは、

  • 信号
  • 子どものお陰で
  • エコの世界観

 

今回は食養の枠を飛び越え、日本の当たり前の見直しについてです。

環境先進国へ行くと日本との違いが浮き彫りになり、学ぶべきことがたくさんあります。

ecoの考え方が進んだ環境大国は、環境や動物たちにだけでなく未来ある子供たちにも素晴らしい法律や教育がたくさんあります。子供の考え方を育てることが将来的な地球のためになるからでとても理にかなっています。では、日本はどうでしょう?

今の日本でecoという言葉を聞いたり見たりしことがないという人はいないと思います。ですがecoとは一体何なのかと問われると、意外にもすらすら答えることができないのではないかと思います。辞書やネットで検索するとエコロジーまたはエコノミーを省略した和製英語(造語)とあります。エコロジーは生態学や環境、エコノミーは経済的や節約という意味に使われ、当初は限りある自然エネルギーを節約しようという思いを込めて作られた言葉のようです。しかし最近では残念なことにecoはイメージアップの道具に使われるようになり、本来の意味から外れているように思えます。ただの個人的な節約という意味や、中身は環境に悪い製品なのにパッケージのゴミを小さくしたことでeco商品と言える日本になってしまいました。

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.30〜p.31

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci-macrobiotic_201409