月刊マクロビオティック12月号に記事がたくさん掲載されました

 

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック12月号に記事が掲載されました。

12月号にはいつもの五十嵐 廣子の連載記事以外にも掲載されていますので、順番にご紹介させていただきます。

 

我が子に教わる食養生

まずは連載記事について。
お陰様で段々と前のページに掲載いただくようになっています。

ci_macrobiotique_201412_2s

今回のトピックは、

・子どものメッセージ
・出産時の女性の痛み
・男性の愛情

です。

子供に不調や病気などがあるとわかると、良くなって欲しいという親心でどうにか治そうとします。ですが、自分を信じられるような教育を受けてこなかった自信のない日本人は、自分に答えを求めず周りに答えを求め続けます。この情報化社会に答えを求めても、情報がありすぎて何を信じたら良いのかわからず、当然迷ってしまいます。更には今まで食べてきた添加物で感覚が鈍くなり、周りからの考えの押し付け、社会からの刷り込みや縛りで知らぬ間に雁字搦めになり、とうとう判断すらできなくなってしまっています。

しかし救いは、子供は大人より純粋だということ。大人のような汚染が少ない分、何がいいのかを子供は自分で分かっています。

よくご相談に来る方に「テレビで何々サプリがいいって言ってたから買おうかと思うんですが、あれっていいんですか?」とか「テレビで誰々がこう言ってたから大丈夫ですよね?」と自分の人生を人に聞いて来る方がいますが、テレビの誰かが言ってることより、まずは自分の子供の話を聞くべきです。子供が何をしたいのか、何を欲しているかがただ一つの答えだからです。テレビの誰かが言うような、みんな同じ答えなんかないのですから。

冒頭より

 

 

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.26〜p.27

 

 

 

ベビーフェアの報告

ci_macrobiotique_201412_3s

 

10月26日〜28日にリマ新宿店では五十嵐廣子による「ひろこママを囲んでのお話&お茶会」が開催されました。

こちらの報告記事が掲載されています。

 

参加者の皆様からは、こういう会をもっと開催して欲しい!との声をたくさんいただきましたので、来年以降にどこかで開催して行きたいと思っています。
オーガナイズ希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

参加者の皆様の声

世の中に出回っていない情報が聞けて良かった。

 

お手当があるのは知っていたけどこれまで信用していなかった。でも話しを聞いて自分の経験と合わせてみると本当なんだという事が分かった。

 

世の中では子どもの為に自分を犠牲にしろとよく言うけど、子どもの為にも自分らしく生きようと思えて楽になりました!

 

 

さくちゃん工房のご紹介

最後はマクロビアンでも安心して楽しめる自然をおいしくいただくお店さくちゃん工房(Veganic Cafe & Store)を紹介していただきました!

33回目のお店紹介です。

レポーターの遠藤さんにさくちゃん工房のお食事を堪能していただき、お店のこと、お食事のことを色々ご紹介いただいています。

 

ci_macrobiotique_201412_4s

高解像度PDFはこちらからダウンロードいただけます。

[wpdm_package id=’1184′]

 

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201412_1s

 

【追記】クリスマスケーキとおせち料理の販売について

お待たせしていたクリスマスケーキとおせち料理のお知らせです。

どちらも予約限定、数量限定ですのでお見逃しなく!

クリスマスケーキは今年も全国発送します!

 

クリスマスケーキ

IMG_5732
参考画像:昨年販売したブッシュ・ド・ノエルです。今年の物とは異なります。

クリスマスケーキも全て100%ビーガンです。卵、乳製品にアレルギーのある方でも安心してお召し上がりいただけます。

オーガニック素材にこだわり、良質な素材を厳選して、愛情いっぱい込めて作ります!

クリスマスケーキは以下の3種類を販売します。

マロングラッセケーキ 500円
自家製マロングラッセが贅沢に入っています。スライスしてお召し上がりください。
サイズ:約10×4×5cm

シュトーレン     800円
オーガニックアルコールに1年間漬け込んだドライフルーツがぎっしり入っています。スライスしてお召し上がりください。
サイズ:約15×5×4cm

ブッシュドノエル  2,500円
ビーガンココアクリームをたっぷり使った濃厚でゴージャスなロールケーキです。
サイズ:直径約10cm 長さ15cmのロールケーキに枝部分乗っかるイメージです。
さくちゃん工房で通常提供しているロールケーキのピース6個分くらいの大きさになります。通常1ピース500円ですのでクリスマスはご奉仕価格でとってもお得です!

※価格は税抜です。

 

【お渡し方法】
*店舗受取の方
12月20日〜12月25日の営業時間内に店舗にてお渡し致します。

*発送の方
冷蔵便での発送です。送料は一律1,500円。
日時指定がご利用いただけますが、さくちゃん工房ではその保証は致しまかねますので予めご了承ください。

【予約締切】
12月15日までにご連絡ください。

 

【これまでいただいたご質問】

 

Q. 子供が食べても大丈夫ですか?

A. ビーガンスイーツですので卵、乳製品は入っていませんのでご安心してお召し上がりいただけます。
ただし、大人向けの商品ですので味付けも大人向けです。ちなみにうちの息子(3歳)はムシャムシャ食べます。
香り付けでブランデー(オーガニックコニャック)を使用していますので、あまりに小さなお子様にはオススメしていません。
白砂糖は使用していませんが、乳幼児だと甘みの影響を受けやすく、食後にグズる可能性が高くなるため、ご自身でご判断の上ご注文ください。

 

 

おせち料理

おせち2015向け

おせち料理がこんなに美味しいとは思わなかった…

 

家族、親戚で争奪戦になったおせち料理は初めてです!

私たちは日本の伝統的なおせち料理をビーガンで再現し、おせち料理に込められる数字や語呂の縁起を担いで、皆様に健康な新年を迎えていただきたいと思っています。

一般的なおせち料理は見た目には豪華ですが、残念ながら中身は大量の合成添加物(着色料、保存料、化学調味料など)が使用されています。
私たちはこれらの合成添加物を一切使いません。着色料には野菜などの天然の着色料を使用しています。
元々は保存食であったおせち料理ですから、調理の工夫次第である程度保存が効くように仕上げていますので、保存料は使用していません。

おせち料理はさくちゃん工房が1年で最も気合の入る料理です。この時のためにお蔵入りさせている貴重な食材も贅沢に使用します。

今年は1サイズのみとなります。
松(4〜6人前) 35,000円 完売御礼。受付終了です。

※価格は税抜です。

少数限定での販売となりますので、お早めにご予約ください。
限定数に達し次第、予約は締め切らせていただきます。

【お渡し方法】
*店舗受取のみとなります。
以下の日時内に店舗にてお渡し致します。(お店の営業は行っておりませんので受け渡しのみとなります)
12月30日 15〜20時
12月31日 12〜17時

IMG_5939
参考画像:昨年販売した松サイズです。

 

お支払方法

クリスマスケーキ、おせち料理ともに、ご予約後さくちゃん工房より入金口座をご連絡致しますのでご入金ください。
入金確認後に予約成立とさせていただきます。

入金後にキャンセルが発生した場合には、以下の通りキャンセル料を頂戴致します。
5日前:30%
3日前:50%
2日前:80%
1日前:100%
事前振込いただいた金額から、キャンセル料と振込手数料を引いた金額を指定口座に返金致します。

 

 

ご予約方法

クリスマスケーキ、おせち料理ともにご予約のみの販売となります。
お問い合わせフォームまたはメールにて以下の情報とともにご予約ください。

【ケーキを発送の方】

・お名前:
・電話番号:
・発送先:
・郵便番号:
・希望配達日時:

希望配達日時は12月19日まで変更が可能です。

 

【ケーキを店舗受取の方、おせち料理の方】

・お名前:
・電話番号:
・希望受取日時:

希望受取日時は後日にご連絡いただいても構いません。

月刊マクロビオティック11月号に記事が掲載されました

 

 

ci_macrobiotique_201411_2s

 

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック11月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のお話はアレルギーと免疫力についてのお話です。

昭和の時代くらいまでは、あおっぱながたれた子がそこら中にいましたが、今の時代じゃ滅多に見なくなりました。そんな時代にはアレルギーがなかったと言います。

昔の日本には今のような潔癖と言えるほどの衛生さがなかったため、そこら中にたくさんの菌が存在し、体はいつも外の菌と戦っていました。その戦いの証があおっぱなだった訳です。

しかしいつからか、戦う相手もいなくなってしまい、暇になった体は自分を攻撃し始めました。それがアレルギーです。

冒頭より

 

 

私たちも昔は様々なアレルギー持ちで、健康体ではありませんでしたが、今ではすっかり超健康です。
マクロビオティックを長年続けていると勝手に免疫力が上がってくれます。
病気持ちでなければ、厳格に実践する必要はありませんが、しっかりと現代人に合わせた形で実践する必要はあります。

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.30〜p.31

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201411_1s

 

月刊マクロビオティック10月号に記事が掲載されました

 

 

ci_macrobiotique_201410_2s

 

日本CI協会が発行する月刊マクロビオティック10月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のトピックは、

  • 昔と今の生活事情
  • 古き良き時代の食事
  • 昔と今の良いとこ取り

 

昔々、おじいさんは山に芝刈りにおばあさんは川に洗濯に行っていた時代には想像もつかなかったような便利な道具が今の時代はどんどん発明され進化し、あらゆることが手軽にできるようになり、手間や時間が格段に省けるようになりました。今の時代だったらおじいさんは山で刈払機でササッと芝を刈って、おばあさんは家の裏で洗濯機で洗濯し、そのあと2人で町まで仲良くドライブして芝居を見に行けるかも知れませんね。機械化で家事が楽にできるようになり自由な時間が増えた現代は昔の人から見たら夢のような世界でしょうが、たくさんの古き良き物も一緒に失われてしてしまい、それによって新たに出てきてしまった悩みもあります。昔と今は一長一短ですね。

冒頭より

 

便利になった一方で様々な問題を抱える現代。現代だけにどっぷり浸かるのも危険ですし、江戸時代に逆戻りすることもできません。
現代のテクノロジーや便利さと、昔の知恵や、本来の自然な状態。これらを上手にハイブリッドして活用していくことが、これからの時代を生きていくのに必要だと常々思います。

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.32〜p.33

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201410_1s

 

月刊クーヨン11月号にインタビュー記事が掲載されました

IMG_1859 copy

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン11月号(10月3日発売)に五十嵐廣子のインタビュー記事が掲載されました。

 

特集タイトル:「完璧めざしてイライラするよりこっちがいい! ちょっと手抜きがおいしいレシピ」
記事タイトル:「なべひとつ、ボウルひとつでからだにおいしく」
掲載ページ:p.8-13

 

今回の特集、実は廣子の提案で手抜きレシピ特集になりました。お陰様で五十嵐廣子の名前も表紙に載り、私たちも大喜びです。

 

今回提供したレシピは我が家はもちろん、カフェ(さくちゃん工房)でも提供している物もある、ヘビーユースなお気に入りレシピばかりです。以前までは公開するつもりの無かったレシピを5品提供しています。

本当に簡単で美味しいので、ぜひ皆さんお試しください。

 

IMG_1860 copy IMG_1861 copy

 

 

 

IMG_1858 copy

 

月刊マクロビオティック9月号に記事が掲載されました

 

 

ci-macrobiotic_201409_2

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック9月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のトピックは、

  • 信号
  • 子どものお陰で
  • エコの世界観

 

今回は食養の枠を飛び越え、日本の当たり前の見直しについてです。

環境先進国へ行くと日本との違いが浮き彫りになり、学ぶべきことがたくさんあります。

ecoの考え方が進んだ環境大国は、環境や動物たちにだけでなく未来ある子供たちにも素晴らしい法律や教育がたくさんあります。子供の考え方を育てることが将来的な地球のためになるからでとても理にかなっています。では、日本はどうでしょう?

今の日本でecoという言葉を聞いたり見たりしことがないという人はいないと思います。ですがecoとは一体何なのかと問われると、意外にもすらすら答えることができないのではないかと思います。辞書やネットで検索するとエコロジーまたはエコノミーを省略した和製英語(造語)とあります。エコロジーは生態学や環境、エコノミーは経済的や節約という意味に使われ、当初は限りある自然エネルギーを節約しようという思いを込めて作られた言葉のようです。しかし最近では残念なことにecoはイメージアップの道具に使われるようになり、本来の意味から外れているように思えます。ただの個人的な節約という意味や、中身は環境に悪い製品なのにパッケージのゴミを小さくしたことでeco商品と言える日本になってしまいました。

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.30〜p.31

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci-macrobiotic_201409

 

9月12日 マクロビオティック講師による対談イベント(ディナー付き!)

 

mikami_hiroco

 

世界で活躍するマクロビオティック講師の美上みつ子と五十嵐廣子による、老若男女ためになるオモシロディナートークショー!
健康、病気、婦人病、妊娠、育児など誰もが悩むテーマを、ズバッと解決!

末期癌と宣告された香港財閥の癌を、見事マクロビオティックで消したことで話題沸騰!
治療現場でのリアルな貴重な話や、世界のマクロビオティックの話や、これからの楽しい自然育児「自分育児」のご紹介。
なるほどの驚きあり、笑ありのディナー付トーク夜会♪

▽ 日程 ▽
9月12日(金)
18:30 OPEN / 19:00 START

▽ 会場 ▽
農カフェhakari(山梨県笛吹市一宮町金田1223)
http://hakari.o-kita.net/info.html

▽ 会費 ▽
4,500円(hakariのスペシャルディナー付き)
本イベントの特別価格でのご提供です。
定員に達し次第、受付を終了致しますのでお早めにお申込みください。

▽ ご予約 ・お問い合わせ▽
0553-47-5899(hakari)
090-8494-4702(hakari風間)

▽ プロフィール ▽

美上 みつ子

マクロビオティッククッキングティーチャー

・新潟県見附市健康福祉課マクロビオティック講師
・日本CI協会ゲスト講師
・福岡県糸島市、マクロビオティック、自然食レストラン”からんころ”アドバイザー他

ボストンのマクロビオティックの拠点であるクシハウスに約4年滞在しながらマクロビオティックを研修。
帰国後オランダ、ポルトガル、マレーシア、香港、その他日本各地で料理教室、マクロの講座、健康相談や九星気学に基づく個人相談なども行う。
日本ユダヤ教団で2年間調理を担当した後、約2年間香港にてマクロの指導(食事指導、クラスや個人の健康相談など)を行い、昨年7月帰国。

著書:体の中からきれいになるマクロビオティックス(柴田書店)他

 

五十嵐 廣子

ビーガニック料理研究家

・さくちゃん工房 主宰、株式会社Veganic Japan 代表取締役
・リマ・クッキングスクール師範科卒、KII認定 マクロビオティック・インストラクター
・AEAJ認定アロマセラピスト&インストラクター

幼少から様々な持病があったことで超健康ヲタクになり、最終的にたどり着いたマクロビオティックとアロマテラピーにより完治。
原因不明の無月経も克服し、35歳で第一子を自宅出産。
マクロビオティックにとどまらない知識と自身の経験を活かし、婦人病や不妊症、育児などの悩みを簡単に解決すべく活動中。

メディア掲載:
月刊マクロビオティックにて育児記事を連載中。
自然育児雑誌「月刊クーヨン」4、7、9月号にてレシピ・インタビュー記事掲載中。
デンマークのベジタリアン雑誌「Vegetaren」夏号にインタビュー記事掲載中。

 

月刊クーヨン9月号にインタビュー記事が掲載されました

 

IMG_9589

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン9月号(8月3日発売)に五十嵐廣子のインタビュー記事が掲載されました。

 

記事タイトル:「子どもと塩のいい関係」

掲載ページ:p.41-47

 

今回は塩の話から、塩を使った子どもも喜ぶ簡単レシピを提供しています。
どうぞお手にとってご覧ください!

 

 

IMG_9591IMG_9592IMG_9593

 

 

IMG_9584

月刊マクロビオティック8月号に記事が掲載されました

 

 

IMG_9656

日本CI協会が発行する月刊マクロビオティック8月号に五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のトピックは、

  • 赤ちゃんからのサイン
  • 酸化した食べ物の影響
  • 快適すぎる悩み
  • 汗をかくこと

暑いこの時期に特に気になる赤ちゃんのあれこれ。

 

赤ちゃんが泣く時は、お腹が空いた時と何かが不快な時くらいです。

赤ちゃんは本来、めったやたらには泣かず、一日の大部分は寝て過ごすものです。お腹いっぱいなのに泣くことが多い場合、何かの不快を訴えています。おしめが不快か?便秘でお腹が張っているのか?気温によって不快なのか?皮膚に疾患があって痒いか?痛いか?あたりが原因であることが殆どです。

これらの不快は、ママが食事に気をつけ、母乳を美味しくすることによって大体改善できます。

陰陽の調和のとれたいい母乳はさっぱりした甘いライスミルクの味で大人が飲んでもとっても美味しいです。母乳が美味しくなって不快が改善すれば、赤ちゃんは起きている間もずっとご機嫌でいてくれます。

冒頭より

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.30〜p.31

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

IMG_9654

 

月刊マクロビオティック7月号に記事が掲載されました

 

ci_macrobiotique_201407_2s

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック7月号に五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

 

夫婦になかなか子供ができないご家庭では、病院に行って検査をし、夫婦のどっちが子供ができない原因なのか?を調べに行くと思います。そして、夫の精子の数に問題があったのか、それとも妻の子宮に問題があったのか?を調べ、「私が悪かったんだ〜」と自分を責め、深く悩まれている方の話をよく聞きます。

病院で検査をする方法が一般的なため、他に方法がないと思っている方はとても多いのですが、それは方法の1つで、自分でも確認できる方法はあります。体は生まれた時から死ぬまでずっとサインを出してくれています。自分のサインを理解してあげることで体の現状を把握できるので、病院へ行くのは気も足も重いという方は是非、チェックしてみてください。

冒頭より

今回のトピックは、

  • セルフチェック
  • 口の周りに吹き出物ができる
  • 顎や踵が硬い
  • 下腹部がポッコリ出ている
  • 足の小指の異常
  • 人間の治癒力

マクロビオティック的 婦人病のセルフチェック!
なかなか子どもができないの、という方は必見です。

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.30〜p.31

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201407_1s