月刊マクロビオティック3月号に記事が掲載されました

 

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック3月号に、五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

 

我が子に教わる食養生

月刊マクロビオティック2015年3月号-我が子に教わる食養生

 

【今月のトピック】

・妊娠と出産と排毒
・つわり
・心の排毒

 

マクロビオティックを学ぶと、まず最初に玄米と向き合うことになります。お米を選ぶ時の注意点として、玄米や胚芽米以上の分搗き米を食べる時は、農薬を使ったお米は避けることを教えられます。なぜなら、胚芽に農薬が溜まるからです。稲は子孫繁栄のために、栄養タンク部分である種子の胚芽にあらゆる栄養素を集め貯めていきます。それが栄養であっても農薬であってもです。農薬と栄養の区別がつけばいいのでしょうが、手当たり次第に溜め込んでしまうので、胚芽米以上の米を食べるのであれば、必然的に農薬を避けることを勧めるのです。

実は、それと同じことが妊娠中も起こります。妊娠中は、妊娠中に食べたものと、妊娠前に食べてできたお母さんの体の栄養源で赤ちゃんが成長します。

マクロビオティックでは「出産は最大の排毒」などという言い方をしますが、妊娠中は赤ちゃんに送る分の血液も大量に作らなければならない他に、ホルモンの影響もあって体の中に溜まっていたものを血中へ排毒しやすく、妊婦さんの体は常に排毒をしている状態になります。

記事冒頭より

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.46〜p.47

 

【月刊マクロビオティック】
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

月刊マクロビオティック2015年3月号

月刊クーヨン4月号に記事が掲載されました

 

IMG_5736

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン4月号(3月3日発売)に、五十嵐廣子の記事が掲載されました。

保育園に行く息子に持たせているある日のお弁当をご紹介しています。
全部で5人のママたちによる「わがやの子育てべんとう」どうぞお手に取ってご覧ください!

 

記事タイトル:「わがやの子育てべんとう」
掲載ページ:p.50

 

 

 

 

マクロビオティックのLMにインタビュー記事が掲載されました

 

日本CI協会さんが発行するマクロビオティックのフリーマガジン『LM – Life is Macrobitic』vol.15に私たち家族の取材をしていただいた記事が掲載されました。

lm15_1 lm15_2 lm15_3 lm15_4 lm15_5 lm15_6

お陰様で月刊マクロビオティック誌の、廣子の連載記事がご好評いただいており、フリーマガジンのLMでも特集記事として、家族を取材していただくことになりました。

表紙は息子。親バカとしては嬉しい限りです。

7ページに渡って「楽しい子育て」というテーマで、育児のこと、マクロビオティックのことを、体験談交えながらお伝えしています。

ブログに写真は載せていませんが、最後の見開きページには、廣子の簡単な食養レシピ、遊水の簡単なヨガコーナーもあります。

ぜひお手にとってご覧いただければと思います!

LMはマクロビオティック食品店のリマさんを始め、全国の自然食品店などに置いてあるかもしれません。もちろんさくちゃん工房でも配布しています。

日本CI協会さんのこちらのページでそのうちWebで無料公開されるはずです。(この記事を書いている今はまだ更新されていません)

http://www.ci-kyokai.jp/lm.html

 

オーサワジャパンさんのWebサイトで公開されています!

http://www.ohsawa-japan.co.jp/pdf/LMvol15.pdf

月刊マクロビオティック2月号に記事が掲載されました

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック2月号に五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

 

我が子に教わる食養生

ci_macrobiotique_201502_2s

 

今回は五葷(ごくん)のお話です。

 

「五葷」というと、一般的に、にんにく、ニラ、長ネギ、玉ねぎ、あさつきまたはらっきょうのことを指します。なんだか臭いがムンムンのものばかりですね。

これらの五葷は宗教的に避けられたり、氣を損なうと言われたり、女子には「なんか臭う〜」とか「超臭い〜」などと虐げられ忌み嫌われ、なんだかとても可哀想な存在に思えてなりません。しかし実際は人類に多大なる貢献をしてくれた救世主で、実は影の功労者であることを認識または再認識いただけたら、随分とイメージが変わってくるのではないかと思い取り上げてみました。

冒頭より

厳格な仏教徒やインドのアーユルベーダを実践している人はこれらの五葷を避ける傾向にあります。

その理由はいくつかありますが、よく言われるのはこの3つではないでしょうか。

・中国の五行から観ると五葷は木火土金水の気を傷つけるから
・宗教上の理由から球根類の植物を避ける
・臭いが強く腥物とされる

今やNaverのまとめにも五葷の記事がありますので、ざっくり知りたい人はそちらをご覧ください。

 

これらの理由から台湾素食やオリエンタルベジタリアンでは五葷抜きをしていますが、マクロビオティック的観点からの五葷についてのお話です。

私たちはビーガンですが五葷抜きはしていません。さくちゃん工房でも五葷は入れたお食事を提供しています。

なぜ五葷を摂るのか?なぜ五葷が必要なのか?Naverまとめにもありますが、菜食を続けていくと五葷が必要なくなってきます。そんな内容になっています。

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.44〜p.45

 

【月刊マクロビオティック】
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201502_1s

2/7〜2/14バレンタインスイーツを販売します

バレンタインギフト

もうすぐバレンタインがやってきますね!

健康志向のあの人への本気チョコとして、自分へのご褒美チョコとして、是非さくちゃん工房のバレンタインスイーツをお求めください。

2/14までの1週間は、バレンタインウィークとしてバレンタイン限定のスイーツを各種ご用意します。
ご予約は不要ですので、店頭で直接お買い求めください。

何があるかは当日のお楽しみ★
当日のtwitterやFacebookでご確認ください。

◆ 販売期間
2月7日(土)〜2月14日(土)

節分にビーガニック恵方巻きを販売します

恵方巻き2014

2月3日(火)節分の日はさくちゃん工房特製のビーガニック恵方巻きを販売します。

 

今年の恵方は、庚(かのえ)の方角。 西微南(西と西南西の間 = ほぼ西南西)だそうです。

今年も恵方に向かって、黙々と太巻きを食べようじゃありませんか!

 

◆ 恵方巻きのこだわり

  • お米は有機玄米を使用
  • 酸処理をしていない香り豊かな天然海苔を使用
  • 90%以上の素材が有機栽培もしくは自然栽培
  • 動物性食品は不使用
  • 調味料は伝統製法の物
  • 精製糖は不使用
  • 化学調味料は不使用
  • 合成着色料、保存料は不使用

 

恵方巻き2014

◆ 価格
1本:888円(税込)

今年は1サイズのみの販売です。

 

◆ ご注文方法
2月3日に店頭販売します。
数量限定生産です。
ご予約いただければお取り置き可能です。

ご連絡はお問い合わせフォームからお願い致します。

月刊マクロビオティック1月号に記事が掲載されました

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック1月号に記事が掲載されました。

先月に引き続き、今月号も五十嵐廣子の記事が複数掲載されています。

 

田中愛子先生との新春インタビュー

新春特集記事にて、田中愛子先生へのインタビュー記事に、聞き手として五十嵐廣子が登場しています。
桜沢先生の直弟子として海外でも活躍され、90歳を過ぎた今なお現役でご活躍されている愛子先生から貴重なお話をうかがうことができました。桜沢先生との思い出、育児について、お料理についてなど盛り沢山の内容です。

ci_macrobiotique_201501_2 ci_macrobiotique_201501_3 ci_macrobiotique_201501_4

 

 

 

我が子に教わる食養生

ci_macrobiotique_201501_5

今回のトピックは、

・教育とは?
・もっと気楽に
・個性を壊さず

の3つです。

 

マクロビオティックな育児をしていると、教育ってそもそもなんだろう?と深く考えてしまいます。何故なら、守って育てているけれど教育をしている自然界の動物は無く、人間くらいのものだからです。野生動物の子は親兄弟を見よう見真似で勝手に学び、巣立つ時も自分で決めて旅立つのですから、大した能力です。

では、教育はというと、大半がマルかバツ、yesかnoで判断していくことが多いのが現状。しかしそこに本当に正解が必要なのか?ということにまで無理矢理答えを設けている場合も多々あり違和感たっぷりです。本当の答えというものは有るようで無いし、無いようで全てが答えだったりするものだから、それぞれの感性の中でそれぞれ答えがあれば「それで良し!」なはずなのに、誰かが決めた問題の答案用紙の回答に合っていなければ「バッテン」となり減点されてしまいます。みんなが同じように答えを持つことは、結果個性や人格を奪ってしまうのです。

 

冒頭より

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.44〜p.45

 

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201501_1

 

Vege Cafe Guide in Japanに載りました

71+WUOpzhDL

全国のマクロビオティック、ベジタリアン、ビーガンなカフェやレストランを食べ歩きしているマクロビマウスさんが、5年間の集大成としてベジカフェガイド本を出版することになりました。

そして、その中でさくちゃん工房(Veganic Cafe & Store)も紹介されています!

ガイド本は12月25日に発売開始です。現在はAmazonで予約注文できますので、皆さんサンタさんにお願いしましょう♪

ブログでご紹介いただきました!

 

いつもありがとうございます!お陰様で毎日色んなお客様にお越しいただいています。
これまでさくちゃん工房の記事を書いてくださったブログをここで紹介させていただきます。

 

aada13b534333a9034842cb59d6b98d8_s

●さくちゃん工房 大山駅 ~ベジカフェ紹介 1147店目~★ベジカフェ大好き★マクロビマウスの★日本ベジカフェガイド

全国のベジカフェを食べ歩いているマクロビマウスさんにご紹介いただきました。
全国のベジタリアンやマクロビアンが活用しているであろうベジカフェガイドです!
私たちも地方に行く際にはチェックさせていただいています。

 

 

【さくちゃん工房】麻炭バンズのベジバーガーが豪快すぎて美味すぎた!@板橋大山

ベジブロガーKazzさんが運営するベジップルズでご紹介いただきました。
ベジップルズではこれまで何度もさくちゃん工房をご紹介いただいています
有難うございます!

 

 

さく工房 VEGANカフェお店開拓vol.912|室谷真由美 オフィシャルブログ

モデルでビューティーフード研究家の室谷真由美さんのブログでご紹介いただきました。
マクロビオティック界でモデルと言えばこの方ですね!実物も美しい方でまさにビューティー!
なぜか「さく工房」になっていますが^^;

 

 

さくちゃん工房 – Yoga Space シャンティmind

板橋区で活躍するヨガインストラクター小林律子さんのブログでご紹介いただきました。
土曜日は大山でクラスがありますので、小林先生のヨガクラスとさくちゃん工房のご飯のセットがオススメですよ♪
小林先生はすっかり土曜日の常連さんです♪

 

 

その他、こちらでもさくちゃん工房のページがありますのでご覧ください!

マクロビオティックWeb

VegMag(ベジマグ)

VEGE-NAVI

食べログ

 

月刊クーヨン1月号にインタビュー記事が掲載されました

 

cooyon_201501_2

 

クレヨンハウスさん発行の月刊クーヨン1月号(12月3日発売)に、五十嵐廣子のインタビュー記事が掲載されました。

 

特集タイトル:「冬の風邪予防とホームケア」
記事タイトル:「台所の食材でおだやかにお手当を」
掲載ページ:p.14-19

今回はマクロビオティックのお手当法を元に、症状別でご家庭でもできる簡単なお手当を紹介しています。
マクロビオティックでは病名ではなく、症状別に対処していきますので、お医者さんのようにあれこれ覚える必要はありません。

風邪はデトックスの機会ですから、製薬で症状を抑えるのではなく、自然薬の力を借りて排毒を促してあげることが、自然治癒力を高めていくことに繋がります。

記事内ではお手当レシピをご紹介していますので、お子さんをよく観察してどんな症状が出ているのかを観てあげて、それに合ったお手当をしてあげてください。
製薬を飲ませる必要はありません。有機栽培や自然栽培のエネルギーの高い食材はそのままお薬になります。

私たちの息子や私たち自身が体調を崩した際や、排毒の際にもいつもこうしてお手当をしています。

 

そして、今回の可愛いモデルはうちの姪っ子ちゃんです。

下の写真では「お熱で苦しいよ〜」なんて演技までしてくれました(笑)

 

cooyon_201501_3

cooyon_201501_4

 

今回の特集内では、アロマや整体の観点からも記事がありますので、ぜひご家庭に一冊!とオススメです。

 

 

cooyon_201501_1